物件購入までの豆知識

自宅を買うより投資物件を買って、その賃料収入で自宅の家賃を払うプランはどうですか? 物件購入までの豆知識8 【大阪】

 

 

【質問】
自宅を買うより
投資物件を買って、
その賃料収入で
自宅の家賃を

払うプランはどうですか?

 

 

 

 

【答え】
『自宅は賃貸でもいい』

と考えるのであれば
先に投資物件を購入して
その収入で自宅賃料を支払う

というプランは
十分に現実的です。

 
このプランを実行している人たちは
たくさんいます。

しかし、
引っ越しや家族構成が
大きく変わる予定がないのであれば
自宅はフルローンで

購入できることが多いので
購入しても悪くはないと思います。
というのも
都心のマンションであれば
賃貸でも購入しても、
月々の支払額はほとんど同じです。
そして、
よほど大きく値崩れする物件を
つかまない限り
売却時に手元に現金を残せる
可能性も十分にあります。

 

 

 
例えば、
住宅ローン金利0.8%で借りていれば

 

 

残債は、
5年後に85.0%
10年後に69.3% まで

 
減っていますので
これよりも物件の値下がり幅が大きくなければ
賃貸よりも自宅を購入するのが
有利といえます。

 

 

実際には、
購入したマンションの
修繕管理費と固定資産税や都市計画税の支払い、
住宅ローン控除という収入がありますが
両者を相殺して
ゼロと考えてもいいと思います。

 

 

なお
このシナリオは、
低金利での借り入れができるからこそ
成り立ちますが、
途中で金利が上昇する可能性もあります。

 

金利が上昇すれば、
残債の減少率は少なくなってしまうため
金利上昇の際に
物件価格の上昇を見込むことの出来る
自宅を選ぶことが重要です。

 

金利が上昇局面では、
不動産価格は金利以上に
値上がりする傾向にあるので、
金利上昇の負担を
値上がり益でカバーすることも期待できます。

 

 


そのようなシナリオを考えるのであれば
郊外の戸建てのように
経年による価格減耗の高い物件ではなく
都心の築浅ブランドマンションのように
景気に連動して
価格が変動する物件を
自宅として選ぶのがおススメですね。

 

 

 

 

19

20

【海外投資家に選ばれる高収益物件 ~大阪~】
http://gift-realestate.com/